仕事中の姿勢がほとんど変わらない人や机に向かって作業をする人

仕事中の姿勢がほとんど変わらない人や、机に向かって作業をする人が多い人は、肩こりの症状に悩まされがちのようです。肩こりがひどくても、転職をしたり、休憩を入れたりということは難しいので、いよいよ肩こりは深刻化していく一方となるものです。肩こりの症状を緩和するには、原因に見合った対応をする必要があります。筋肉は、長時間同じ姿勢をたもっていると、血流が滞って疲労物質が蓄積されやすくなり、肩こりの要因になるといいます。長い間、ディスプレイ画面を見ながら作業をしていると、目の筋肉が疲れてしまい、肩こりになることがあります。血液が流れやすくするには、肩のストレッチをして筋肉を伸縮させることです。マッサージで筋肉を柔らかくすることは、ストレッチや運動で筋肉を動かすことと同様に効果が得られます。サプリメントを飲むことで、体の内部から肩こり対策効果を得るというやり方も有効だといいます。肩こりがひどい人は、イチョウ葉エキスをサプリメントで補給することで、血液が体内を流れやすくなり、凝りを解消することが可能になるといいます。酢酸を摂取できる黒酢は、末梢血管を拡張する効果があるといいます。また、筋肉の疲れからの回復を促すビタミンB、C、Eも、肩こり改善のサプリメントとして重宝されています。目の疲れに効果があるアントシアニンを摂取することで、肩こりの原因が目の使いすぎだったという人にはよい効果が得られます。ブルーベリーや、ヒルベリーはアントシアニンをたっぷり含んでいるため、肩こりのサプリメントとして飲んでいる人も少なくないようです。

サブコンテンツ